タイムレコーダーで勤怠管理

皆さんのなかには社会人として企業にて働かれている方もみえると
思います。
会社の勤務形態は多様化していますが、たとえばフレックス
を利用して通常の会社始業時間よりも遅く出社してきたりとか、
定時よりも早く帰る事も許されるように変わってきました。
ただしこの
就業形態は製造現場に見える方には適用できませんので、事務所の
スタッフのみが対象となります。
このフレックス勤務は忙しい際に
夜遅くまで仕事をして朝はゆっくり来る事で、体の休息をとる事や
残業の増加を押さえる役割を行います。
皆さんは会社で出退勤する
際にはタイムレコーダーで打刻して記録に残し、あとで労働時間を
集計したりしますよね。
社員が働いた分だけ給料としてきちんと漏れなく
支払わなければなりませんので、レコーダーでの記録は大切だと思います。
また最近一部の会社においては、ICカードによって勤務時間を管理
しだしている所もありますのでその管理方法は多様化してきています。

高レスポンスの圧力はがきなら/DMパックメールでのお問合せは24時間受付中です。 DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。
格安名刺を作るならこちら