指紋認証型のタイムレコーダー

タイムレコーダーとは従業員の勤怠管理に使われる機器で、従業員の出勤時間、退社時間などを印字することができます。
これにより給与計算をしやすくするのです。
ITと連動しているものも多く、データはすぐに集計されるようになっているのです。
タイムカードやICカードを利用してタイムレコーダーに記録するタイプが多いのですが、最近では指紋認証のできるタイプも販売されています。
指紋認証タイプのメリットはタイムカードやICカードなどが必要ないところにあります。自分の指紋で認証を行いますので失いようがありません。
また、偽造される危険性もありませんので正確に正しい勤怠管理をすることができるのです。
指紋認証型のタイムレコーダーはまず最初に指紋を登録します。タイムレコーダーには登録する機能と認識する機能がついているのです。
従来のタイプに比べて指紋認証のタイムレコーダーは高くなる傾向がありますが、簡単に認証ができるということもありますのでお奨めです。
そして退出管理などをして安全性を高めるときにも役立ちます。関係の無い人物が会社の中に入るのを未然に抑制することができるからです。
これから広まっていく可能性のあるタイムレコーダーです。