タイムレコーダーの最近の動向について

公共施設・交通機関などで労働者の時間管理を行う役割として、タイムレコーダーが各地で利用されている傾向があります。公共施設では労働者の労働時間を管理する役割として使用されることが多く、また毎月のお給料の管理を行う目的でも使用される傾向があります。実際にこの記録を参考にしてお給料を支払う会社が多いため、タイムレコーダーへの時間管理を忘れると大変なこととなります。また公共施設で働く労働者は時間やシフト制によって管理されていることもあるため、働く者の就労状況を確認する上で使用されることもあります。会社員総数が少ない会社やお店では、時間管理に紙のタイムカードなどを使用することがあります。理由の一つ目として経費を可能な限り削減する目的があり、操作方法もただ専用の機械にタイムカードを入れるだけで完了となります。これは会社員や従業員が会社やお店に来た際に、各自セルフサービスでタイムカードに時間の記録を行います。また経費削減の目的以外にも労働者の自己管理の目的もあり、これを行うことにより管理能力を一定以上の物に保つことが出来るようにもなります。また会社が指定した時間とずれがある社員に対しては、その記録をもとに指導などを行うことも出来ます。一方一定数以上の社員や従業員がいる会社やお店では、紙によるタイムカードではなくICカードを使用して時間管理をしている傾向があります。このような会社で紙による時間管理を行うと逆に経費がかさんでしまう傾向があるため、ICカードなどを使用しています。またICカードを使用しているため、タイムレコーダー的な時間管理だけでなく会社やお店に入るためのIDカードとしての機能を持っていることもあります。この場合は社員のデータサーバー管理されているシステムなどに入室時間などが表示される仕組みとなっており、この記録を参考に給与などを振り込みます。さらに労働基準法による時間超過をしないためにも、このタイムレコーダーによる記録が一役買っています。現実的に従業員の時間管理については、タイムレコーダーによる記録を参考に行われることが多いです。この問題については会社の規模に関係なくすべての企業で必要なことであり、従業員各自で自覚を持って取り組むことが重要となります。また経理の人に任せることだけでなく、最近は自分でも入社時間など管理出来るシステムが誕生しており、タイムレコーダーがより進化している動向があります。