デジタルサイネージの歴史と現状

デジタルサイネージの歴史というのは、結構長いです。もともと、デジタルサイネージというのは、公共施設、交通機関、屋外のディスプレイ、ビルの壁面などありとあらゆるところを使って、広告という情報を発信する媒体のことで、その事例というのは、いろいろ多岐に亘って存在します。たとえば、地下街の人の集まるところに設置してある大型の液晶ディズプレイや、電車の扉近くに設置しているディスプレイなど、そこには、その日のニュースや天気予報などとともに広告が表示されたりしており、特に交通機関によるデジタルサイネージというのが目立って有名で、その先駆けとなったものでは、2002年にJR東日本が開始した「トレインチャンネル」があります。それがどんどん広がる形で、2006年には中央線、2007年には京浜東北線などに採用されました。そのために、いろいろなところに普及をみせ、今では、各交通機関で必ず見かけ、コンビニなどにも見られるようになっています。これ以外にも、人の集まるところなどや、人の休憩をしているところには必ずと言っていいほど、これが設置されるようになってきています。このようにどんどん普及していったのは、液晶ディスプレイ低価格化や、無線LANなどの通信環形の普及なども影響を与えているのです。

デジタルサイネージの特徴というのは、いろいろな広告関係を関係している時間帯に何通りも広告として映し出せるところにあり、それに、時期によって簡単に広告を入れ替えたりすることができるところにあります。そのため、今あるポスターや看板の代わりとなる媒体となる新しいメディアとなるのです。ただ、いろいろな広告をみせることができるために、それが印象に残るものであるのかどうかが、これから多岐に亘って広告として出来るかどうかが、この媒体の生き残る道でもあり、ある意味その品質についての工夫が、これからは必要になります。そのような広告を製作するクリエイターたちの存在が、クローズアップされる時代がくることになるのかもしれないのです。今までの看板は看板でポスターはポスターなので動くことがなかったのですが、これが動いて人の関心をひきつけることで、印象に残るものをいかに作れるかが広告の最大の勝負どろこになるはずなので、そのような人材の育成とともに、ハイセンスな感覚をもった人物の登場が、新しい時代のこのデジタルサイネージの可能性を開きます。これからは、広告というのはどのように見せて、見る人に印象付けることができるかに益々かかってくることになります。