仕事が辛くて連休前に必ず蕁麻疹

自分では無理してないと思って頑張ってきましたが、連休前になると必ず蕁麻疹が発症するようになり、体がサイレンを出し始めているのを感じたのがやめようと思った理由です。
今思えば上司に相談できる環境ではなく、結果だけ求められていたので、知らず知らずのうちに無理をしていました。
家庭もありますが、子供たちが起きている時間には帰れず、ふと子供に「パパいつもお家休みなの?休みだからお家いないの?」と何気なく言われ、こんな状況にしていたのかと気づかされました。
新卒で約10年勤めており、しかもリーマンショックの就職氷河期時代に拾っていただいた恩ある会社でしたので、正直離れるのは申し訳ないという気持ちが強かったです。
しかし、自分の状況、家族の状況を考えるとこのままでは、何も好転しないと思い、断腸の思いで転職活動を行い、辞めました。
上司が仕事を教えてくれない人でやっていけないとおもいました。初めてのことばかりなのに仕事をおしえてくれず、言い方もすごくきつくて毎日たえられませんでした。
毎日仕事終わって家でないてました。お客さんに対しても言い方が強く、この人の下で働いていたら絶対自分は成長しないし、ストレスばかり溜まっておかしくなると思いました。
好きな仕事場だったし、ほかの周りの人たちはいい人ばかりで本当は辞めたくありませんでした。
その1人の上司のせいで人生楽しくなく終わるのは嫌だし、楽しく仕事がしたい!!とおもって思い切ってやめました。
今ではやめてよかったなぁとおもっています。自分はそんなくそみたいな上司にはならず好かれる人になりたいです。
当たり が 強い 退職

カテゴリー: 未分類 パーマリンク